フライパンで簡単豪華!パエリアの作り方【パーティーレシピ】

今回はフライパンで簡単にできる、パエリアの作り方をご紹介します。

パエリアは一見難しいようですが、作り方によってはフライパンひとつで出来る簡単レシピになっています。見た目の豪華さもポイントですので、ぜひ試してみて下さい。

フライパンで簡単パエリア

1 材料

★具材
・お米 2合
・玉ねぎ 1個
・にんにく 2片
・鶏もも肉 100g
・赤パプリカ 0.5個
・黄パプリカ 0.5個
・オリーブオイル 適量

★魚介類
・あさり 200g
・赤エビ 5本程度

① サフランシーズニングを使う場合
・水 400ml
・トマト缶 200ml(1/2缶)
・サフランシーズング 2袋(1P)

② 乾燥サフランの場合
・水 400ml
・乾燥サフラン ひとつまみ
・コンソメキューブ 1個
・塩 小さじ1/2程度

2 作り方

★あさりの砂抜き
① あさりの砂抜きをする。水250mlと塩大さじ1/2(分量外)を混ぜた塩水を、あさりが浸る位まで入れる。その後、新聞紙等を乗せて冷蔵庫で1時間寝かせる。(詳しくは下記でご紹介します。)

② あさりの砂を出したあと、流水で貝殻をこすり合わせるように洗う。

★準備
③ 赤エビは足・ヒゲをハサミ等で切り、あとで食べやすいよう背中に切れ込みを入れる。

④ 玉ねぎ・にんにくをみじん切り、鶏もも肉は一口大、パプリカは細切りにする。また、お米を研いでおく。

★炒め⇒蒸し焼き
⑤ オリーブオイルを敷いたフライパンにニンニクを入れ弱火で香りを付け、玉ねぎを加え色が変わるまで炒める。

⑥ その後、鶏肉⇒パプリカ⇒洗ったお米の順番に入れ、さらに炒める。

⑦ お米が透明になってきたタイミングで、水・トマト缶・サフランシーズニング(またはサフラン・コンソメ・塩)を入れ、一度強火にして沸騰させる。

⑧ ⑦の上にあさり・赤エビを乗せ、蓋をして15分弱火で熱し、その後火を止めて蓋をしたまま10分蒸らし完成!

レシピのポイント

今回は、フライパンひとつで簡単に仕上げます。

あさりの砂抜きなども、それほど難しくないため、一緒に見ていきましょう。

まず、あさりの砂抜きを行います。あさりに塩水(水250mlに対して塩大さじ1/2)を、あさり全体が浸るくらいまで入れます。

その後、新聞紙を乗せて暗い状態にし、冷蔵庫で1時間寝かすことで、あさりが砂を吐きます。

※潮干狩り後は、3~4時間寝かせましょう。

その後、流水で貝殻をこすり合わせるように洗えば下処理は完了です!

次に、赤エビの下処理をします。

まず足・ヒゲの部分をハサミなどでカットします。

そして、背中部分に切れ込みを入れましょう、後で食べるときに、身を開けやすい状態になります。(背ワタについては、赤エビはお好みで!)

そして野菜を切り炒めたあと、洗ったお米を入れます。

お米は通常洗わないことが一般的ですが、日本のお米は粘り気が強く、口当たりも変わってしまうため、個人的には洗うことをお勧めします!

そして、パエリアの色付け・味付けにはパエリア用のサフランシーズニング(S&B)を使用します。普通にサフランを買うと1回分で500~600円以上するため、シーズニングを使用した方が簡単かつリーズナブルに作ることができます!

※炊飯用と記載されていますが、今回は貝類も入っていることから、フライパンで使用します!

S&B シーズニングパエリア 8g×10個

そして、エビ・あさりを乗せて蒸し焼きにすれば完成です!

最後は蓋をして蒸らして、お米に芯が残らないようにしましょう!

youtubeの料理動画でご紹介

フライパンで簡単パエリア まとめ

今回は、フライパンで簡単にできる、パエリアの作り方をご紹介しました。

下処理もそれほど難しくなく、また通常値段の高いサフランも、シーズニングを使えばリーズナブルに作ることができます。簡単で豪華な見た目のレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい!

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事